緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

緑内障治療の目薬は一生差さなければならない?

 

緑内障は、眼圧の上昇が主な原因だと言われていますが、視神経の変化と、視野の特徴的な

 

変化があり、眼圧を下げることによって進行を防げる目の病気です。

その緑内障の治療には、眼圧を下げるのに目薬を使用するのですが、

 

この目薬をいつまで差し続けなければならないのでしょうか?

 

残念ながら、緑内障にかかると一度欠けてしまった視野は元に戻すことは出来ません。

 

そして、現在の医療では緑内障は、進行を止めることが出来ても完治は出来ないのです

 

そんな緑内障の治療に使用する目薬をいつまで使わなければならないかと言うと一生

 

目薬を使うことになるのです。

 

実は、この記事を書いてる私自身、片目(右目)なんですが3年前に緑内障だと診断され

 

下にある写真の目薬を差していました。

 

 

私の場合は、右目のかすみを感じ始めたので眼科で診てもらうと眼圧が正常値にある

 

「正常眼圧緑内障」と言われました。

 

検査すると目の下(鼻あたり)が見えていないところがあった様ですが幸いにも目の中央の

 

視野が欠けているところが無いので普通に生活が出来ています。

 

しかし、緑内障の進行を防ぐために目薬を一生ささなければならないことを知った時は、

 

かなりショックでした。

 

毎月の医療費も馬鹿になりませんし、何より進行すると失明の恐れがあると言われているの

 

で恐怖心もありました。

 

 

では、本当に一生目薬を差さなければならないのでしょうか?

 

答えは、「いいえ」です。

 

実は、私は緑内障について色々調べていると良い教材を見つけたのです。

 

それが、緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムです。

 

しかし、この「緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム」が無いと

 

本当に一生目薬をささなければならないのでしょうか?

 

答えは、「はい」になってしまいます。

 

それぐらい、この緑内障5アプローチは、効果があります。

 

価格は、税込\21,780と少し高価ではありますが、この価格で

 

「目薬をやめる」ことが出来るならトータル的に

 

考えると全然安いと思い購入し試してみました。

 

この治療方法を初めて約1年になりますが、

 

その結果、上記写真の目薬を今では、差していません。

 

眼科で診て貰っても、緑内障は進行していないと言うことなので現在では、

 

安心しています。

 

「緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム」が、

 

どんな方法なのかここでお教えしたいところですが、

 

著作権等他の問題になる様なのでお教えすることが出来ないのです。

 

一つ言えることは、「自律神経」と「血流」が関係していることです。

 

もし、どんな方法なのか知りたい方は、一度公式サイトにアクセスしてみて下さい。

 

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム